コーチングお役立ちコラム

コーチングって?

ビジネスの現場で使われて
大ブームになっているコーチング

最近ではお母さんが子育てに
先生たちが教育現場で
コーチングを活かそうという関心が
年々高まってきています。

 

そもそもコーチングとは何なのか?
いろいろな定義はありますが、ひとことで言ってしまえば、
自分自身も気づいていない「本当の気持ちを引き出すコミュニケーション」です

 

コーチという言葉の起源は、馬車だと言われています
馬車は、乗った人の望むところまで運んでくれますよね


そして、どのような道筋を通ると良いかも選ぶことができます
諸説ありますが、ハンガリーのコチという街で作られていた
馬車の性能が良く、目的の場所へ早く連れて行ってくれる

なので「あの人はコチの馬車みたいだね!」ということから、
コーチという名前がつけられたと言われています。

 

現代でいうとタクシーですかね(笑)
タクシーに乗ると2つの質問をされます。


「どちらまで行きますか?」(行き先)
「どのルートで行きますか?」(行き方)

 

運転手さんに、
「どちらまで行きますか?」と行き先を聞かれます

聞かれないまま、
「じゃあ、海に向けて出発しますね!」ということは、ありませんよね(笑)
聞かれないと困っちゃいますし、怖いです。

 

そして、目的地へ行くために
「この道を通って欲しい!」
「急いでいるから高速道路を使ってほしい!」
など

「行き方」も大切になってくるわけです。

 

このように、人が行きたい目的地や、好みの行き方は、
質問をして聞いてみないとわかりません
こちらが強制するわけにはいきません

「答えは相手の中にある」
当たり前のことですが、これがコーチの持っている
大切な前提となる考え方の一つです

 

ところが、タクシーの運転手さんとコーチには違いがあります

タクシーであれば
「どちらまで行きますか?」と聞いて、

「それが、、10年ほどわからないんですよ〜」と言われることは、
酔っ払っていなければ、ほとんどありません

「目的地が決まったら乗ってください!」だけで済む話です

 

しかしコーチの元に来る方は、
「どのような人生を生きたいですか?」
「どのようなキャリアを歩んでいきたいですか?」
と聞いても、

9割以上の人が、
「本当に行きたい!」と思っている目的地に気がついていません
もしくは、諦めてしまっていることもあります

なのでコーチングでは対話をすることで、
「行きたい!」と思う目的地を見つけ、

一人ひとりが自分らしく挫折しないように目的地へ辿り着けるよう、
「行き先」「行き方」を見つけていくコミュニケーションのスキルです。

 

子ども達の、心から望んでいる「行き先」や、「行き方」
私たち一人ひとりの心から望んでいる「行き先」や「行き方」が明確になると、
毎日がイキイキしてきます。

日本親子コーチング協会では、
大人がコーチングを学べるのはもちろんのこと

世界で初めて、小学生もコーチングを学べる!
というコンセプトでスタートしたんですよ

 

コーチングお役立ちコラム

女性のキャリアへの
想い(執筆中)

【コーチ・インストラクター】
として、お仕事をする
 

詳細はこちらへ

簡単にコーチングできる!
ピットインカードとは(執筆中)

「私にもコーチングできるの?」

詳細はこちらへ

コーチになることが
向いている人って?

現在、執筆中

詳細はこちらへ

お問合せ・ご相談はこちら

お気軽にお問合せください

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。
お気軽にご連絡ください。